【WPO・事例】ECで平均より速い訪問者は、遅い訪問者より34%CVが高い!

  • 2021年3月1日
  • Googleは何年も前から、Webパフォーマンスに注目するよう勧めてきました。

    彼らは独自の調査結果を発表し、ページの読み込みに3秒以上かかると53%の訪問が見送られる可能性があること、PageSpeed Insightsを大幅に改良したこと、WEBサイトの表示スピードをオーガニック検索と広告のランディングページ要素にしたことを報告しています。

    しかし、WEBサイトの表示スピードというのは本当に複雑です。

    多くのサイトでは、サイトが速いのか遅いのかがすぐにはわかりませんし、なぜ遅いのかを知るのも簡単ではありません。さらに重要なのは、サイトスピードの改善に焦点を当てることがより多くの収益につながることを、一緒に仕事をしている人たち(あるいは自分自身)に証明するのも簡単ではありません。

    ページ速度は想像以上に複雑である

    ページの速度は、単純ではありません。例えば、「ホームページの読み込みに4秒かかる」というのは正確ではありません。
    ーなぜなら、接続速度が遅く、低速のデバイスを使用しているユーザーの場合、そのページが完全に読み込まれるまでに8秒かかるかもしれませんし、接続速度が速く新しいデバイスを使用しているユーザーの場合、2秒で読み込まれるかもしれません。もちろん、その中間に位置するような訪問者もいるかもしれません。それを念頭に置いて、私は、ページが速いか遅いかというよりも、訪問速度が速いか遅いかという観点で考えるようになりました。

    そこで問題となるのが、Page Speed Insightsのようなラボツールを使うことです。これは素晴らしいツールで、非常に有用な情報を提供してくれます。しかし、これは単なるデータポイント(つまり、1回の訪問で得られたデータ)であり、1回の訪問が世界中のさまざまなデバイス、さまざまな接続、さまざまな接続を使用している何千、何百万人もの訪問者を代表するものではないということを忘れてはいけません。

    これに対処する最も正確な方法は、Real User Monitoringツールを使用して、1回の訪問ごとにミリ秒単位で正確な速度メトリックを記録することです。次に、サイトへのすべての訪問の平均を取ることで、サイトがユーザーのためにロードされるまでの時間をより正確に把握できます。

    訪問時間が短いほど、コンバージョン率は高いのか?

    これは私たちがやりたかった実験に繋がります。私たちはSportsShoes.comで多くの仕事をしていますが、サイトの読み込みが早い人の方が、そうでない人よりもコンバージョン率が良いかどうかを知りたいと思っていました。Google(他の多くも)が行った研究に基づくと、私たちの理論では、早い訪問者の方がコンバージョンも高いというものでした。しかし、それが顕著に改善されるかどうかはわかりませんでした。

    研究

    独自のRUMツールであるBlackbirdを使用して、サイトにアクセスするたびに、非常に正確なランディングページの速度メトリック(ミリ秒まで)を追跡しました。 Blackbirdは、コンバージョンがいつ発生したのか、注文値も追跡するため、訪問が速い場合と遅い場合のコンバージョン率を判断できます。

    平均よりも速い訪問者は、遅い訪問者よりも34%高いコンバージョン率である。

    しかし、そのトップレベルの統計だけでは問題があります。デスクトップとモバイルのユーザー行動には大きな違いがあります。多くの小売業者では、一般的にモバイルと比較してデスクトップでのコンバージョン率が高いことがわかっています。なので、小売業者をそれぞれのグループに分けると便利です。同じデータセットで、平均的なデスクトップのロード時間よりも速いデスクトップの訪問は、平均的なデスクトップよりも遅いデスクトップの訪問に比べて、コンバージョンに至る可能性が19%高いことがわかりました。しかし、モバイルの場合はその差は顕著です。

    平均より速いモバイル訪問は、遅い訪問と比較して、コンバージョンの可能性が41%高い。

    これは、モバイルページの読み込み時間を可能な限り改善することに焦点を当てる、非常に明確で説得力のある理由です。

    iPhone vs Android

    しかし、これらの調査結果についてはまだ気になることがありました。iPhoneとAndroidデバイスの違いです。eコマースの小売業者は、多くの場合、AndroidよりもiOSの方がコンバージョン率が高いことがよくあります。それにはさまざまな理由が考えられます1つの理論は、より高価なiPhoneにお金を払っても構わないと思っている人は、価格にあまり敏感ではない可能性が高いということです。しかし、iPhoneはたいてい、Androidデバイスよりも電力が優れている傾向があるため、ページの読み込み時間が速くなることがよくあります。これは確かにSportsShoesにも当てはまりました。iOSからの訪問はAndroidからの訪問よりも22%速く、平均iOS読み込み時間の中央値がAndroidの2,143ミリ秒に対して1,714ミリ秒でした。

    iOSとAndroidを分割した場合、訪問が速いほどコンバージョン率が著しく向上するという私たちの理論が維持されるかどうかを知りたかったのです。そして、私たちの調査によると、両方のオペレーティングシステムでそうである、と示しています。

    iOSでの平均より速い訪問は、コンバージョン率は35%高く、

    Androidでの平均より速い訪問は、コンバージョン率は31%高い。

    もちろん、あなたの結果は異なるかもしれません。確実に知るための唯一の方法は、RUMツールを使ってテストすることです。tryblackbird.comで、このデータを取得するために使用したツールの詳細を確認できます。そしてもちろん、このテストの実行を許可してくれたSportsShoesのチームに感謝します。

     

    Dave Peiris

    September 4, 2020


    ※この記事は”https://www.propellernet.co.uk/the-impact-of-speed-on-ecommerce/” の英文情報を元に、内容を分かりやすく編集、翻訳した記事です。

>サイトが重い、ファーストビューが速く表示されないこんなお悩み、ご相談ください。

サイトが重い、ファーストビューが速く表示されないこんなお悩み、ご相談ください。