スピードカーブ SpeedCurve

表示スピードは遅くありませんか?

コアウェブバイタル対策なら

『SpeedCurve』

 

【最新版】EC売上トップ200サイトの表示スピードランキング公開中

(インプレス・ネットショップ担当者フォーラム掲載)

導入事例

日本導入事例:アスクル セブン&ホールディングス、時事通信社、大日本印刷、エンジェリーベ、オークローン、フラコラ、ニッセン、マウスコンピューターほか

 

SpeedCurveは、Google のPage Speed Insightsを開発したスティーブ・サウダーズ氏が新たに参画した計測サービスで、世界のパフォーマンスコンサルタントが集結して活動しています。SpeedCurveには、
・Syntheticと呼ばれる合成モニタリング
・RUM(RealtimeUser Monitoring)
という時系列計測を行う2つの機能があります。

Syntheticのメリットは正確性です。ネットワーク経由でWebサイトを計測しているため、サードパーティの影響も詳しくチェックできます。

 

パフォーマンスが重要な理由

Webのスピードは、UXを高め、売上げ、コンバージョンを追求する上で欠かせません。しかし、モバイルWebのスピードは極めて遅いのが現状です。現在、Google、 Amazonなどが3秒内で表示させている中、10秒~20秒も表示に時間のかかるサイトは少なくありません。1つの原因には、表示スピードを客観視する環境がなかったためです。今後は、Googleアナリティクスなどのアクセス解析と同じように、表示スピードの計測は欠かせない条件です。

●2018年7月9日からGoogleスピードアップデートがスタートしました。このアップデートで注意しないといけないのは、遅いスマホサイトです。表示スピードの遅いサイトは、ユーザーストレスが増し、離脱や滞在時間、PVに大きくマイナスに影響がでます。さらに、遅いスマホサイトは、表示ランキングが下がってしまいました。

●2021年6月より、コアウェブバイタルが実行されます。Googleは「今回は前回のスピードアップデート以上に、SEOランクに影響する」と名言しています。LCP、FID  CLSの指標はかなり厳しいものです。早めの対応を行うことで、サイトのUXを向上を目指し、SEO検索ランクを死守してみてください。

 

スピードカーブ SpeedCurveの特徴

オープンソースの「Webpagetest」やGoogleの「lighthouse」を取り込み、時系列に計測することができます。喜ばれているのは、基準が同じなので、ほかの単体ツールとの比較がやりやすい点もメリットです。また、ビジュアライゼーションにより感覚的に状況を把握しやすいのも特徴です。事前に設定を行うことで、週末や夜間アクセス集中時間(繁忙期)の計測も自動で計測が可能です。

 

①60の指標のパフォーマンス計測

対象ページの表示までにかかる時間(Start Render, SpeedIndex, Visually Complete の他、Backendの時間)など 60以上の指標を把握できます。

②時系列の計測を定期的に行うことが可能

5分毎に時系列で計測を行うことができます。測定時間を任意で設定でき、それぞれに発生するピークタイムに併せて計測をすることで、売上げに直結する時間の状態を把握できます。

③問題ある要素をアラート通知できます

任意に設定したバジェット(設定値)を超えたり、下回ったりすると、メールでアラートを飛ばすことができます。

④スマホ、タブレット、PCなど各デバイスに合わせて、フィルムストリップやグラフで、サイトの状態を表します。

ピークタイムなどのグラフに対して、Webpagetestと連携してその状態を把握できます。表示状態を明らかにするフィリムストリップ、どの要素でどれくらいの表示時間を要するのかを示すウォーターフォールグラフなどで、Webの状態を示します

⑤競合他社との比較がカンタン

競合他社やベンチマークとするサイトとの違いを比べることができます。サイトに対峙させることで、目標が明確になり、サイト改善のスピードをあげていくモチベーションにつながります。

⑥サードパーティタグの計測が可能

ウェブページのパフォーマンスを低下させる原因の1つであるサードパーティタグ。広告、ウィジェットや分析ツールなどの計測が可能です。

静置点ではなく、ピークタイムの表示スピードが重要です。

誰もが買い物をしないアイドルタイムの表示スピードを把握しても意味がありません。一番商品が売れる、夜間のピークタイム、休日のセールタイム、メルマガ、LINEの配信時にどれくらい遅延が発生するのかを把握することが重要です。
また、計測には4Gだけでなく、3Gでの計測も重要です。4G、5Gの環境では電車やピークタイムなどで刻々と変化します。まして会社内のWiFiでの計測などは、意味がありません。できるだけ実際のユーザーに近い環境での計測をみて、UX(ユーザーエキスペリエンス)の向上に努めましょう。

1ページではない。カスタマージャーニー全体の時間短縮が大切です。

2017年、1ページの平均ファイル容量は3MBを超えました。2011年頃には1MBだったのが3倍にまで増えています。また特定ページに限るとさらに、容量の大きなサイトがたくさんあります。また1ページだけの計測だけでなく、ランディングページからカートまでの計測時間を把握し、カスタマージャーニー全体の短縮を目指すことが重要です。スピードカーブなら一部これを補完することができます。ショッピンク体験の時間の短縮で、ユーザーのストレスを減らし、CVRをあげていくことを目指しましょう。

計測設定、計測項目 サンプル

計測設定

計測時間
7時、9時、12時、15時、18時、21時、23時 (より細かい単位で設定できます)
計測回数(Checks)
3回(平均値をとる) (回数を重ねてブレをなくします)
ブラウザ
PC(Chrome/IE/Firefox)、iOS(iPhone6)、Android(Galaxy)

計測項目(表示速度数値)

Backend
一連サーバサイド処理時間を計測。サーバ、NW通信、DNS名前解決を含む、クライアントリクエストを処理するための時間、いわば反応スピード。
目標値 0.5秒前後
Start Render
空白ページからコンテンツが初めて表示されるまでの時間、ユーザがWEBサイトの表示が早い、遅いと体感する指標。
目標値 2.0秒以下
SpeedIndex
Googleが発表したパフォーマンス指標。ブラウジング開発後、経過時間あたりのファーストビューが何秒で表示されるかを総合的に算出したもの。
目標値 4.0秒以下
Visually Complete
コンテンツが全て表示されるまでの時間。
Full Load
広告タグ、3rd Partyタグのオブジェクト表示までカウントした時間。
Requests
リクエスト数
(HTML/CSS/JS/IMAGE/FRONTS/FLASH/O)
Size
容量(HTML/CSS/JS/IMAGE/FRONTS/FLASH)
Third Party
広告系タグ、SNS系ボタン、その他ツールの読込タイミング、時間

結果は下記のように表示されます。


Backend:サーバ反応
平均 1.68s
遅延時 9.03s(+7.35s)
目標 1.0s以内

Start Render:描写が開始される時間
平均 4.2s
遅延時 11.5s(+7.3s)
目標 2.5s以内

タイムライン上でマウスを左右に動かすと、その時点でのサムネイルがスクラバーに表示されます。 これにより、レンダリング状態とネットワークの状況との関連付けが簡単になります。ウォーターフォールでは、レンダリングの開始は5208ms(5秒208)で行われています。

最終的に、ページの実際のコンテンツは、次のように9139ms(9秒139)で表示されます。 このサムネイルとネットワークリクエストを関連付けることで、4秒間の遅延の原因を追跡できます。おそらく、検索結果を含むJSONのペイロードが遅れている可能性があります。

デフォルトでは、スクリプトはオレンジ色、画像は紫色などです。

実際に送られてくるアラート通知メール
ウィークリーレポート(通知メール、管理画面ダッシュボードでも確認可能)

 

無料簡易計測・お問い合わせ

下記のフォームに必要事項をご記入の上「確認画面」ボタンを押してください。

必須ご相談内容
表示スピードを計測して欲しい  EC売上トップ200サイト参考データ希望
必須御社名
必須ご担当者様名
必須お電話番号
必須メールアドレス
必須ウェブサイトURL
プライバシーポリシー

ご入力いただいた個人情報は、株式会社ドーモが責任をもって厳重に管理し、「個人情報の取扱について」の規定に基づき取り扱います。
個人情報保護方針 : https://www.domore.co.jp/privacy/

株式会社ドーモ
東京都中央区築地1-5-1 RENGA東銀座2F

なお、ご入力いただいた個人情報は、お問い合わせいただいた製品のみならず、弊社他製品に関する各種ご案内(展示会/セミナー/イベント等)にも使用いたします。

>サイトが重い、ファーストビューが速く表示されないこんなお悩み、ご相談ください。

サイトが重い、ファーストビューが速く表示されないこんなお悩み、ご相談ください。