Google SEO
コアウェブバイタル対策

Webサイト表示
スピード改善
高速化サービス

スピード改善のイメージ画像

コアウェブバイタル
(Core Web Vitals)とは?

LCP、FID、CLSのイメージ画像

Googleの新しいSEO指標

  • ページの表示速度を測る指標 (LCP)
  • ユーザーの応答性を測る指標 (FID)
  • 視覚の安定性を測る指標 (CLS)

2021年6月中旬からランキング要素に!

他社は既に対策をはじめている!?

まずは、簡単無料計測

Google PageSpeed Insightsで、簡単にWebサイトの表示速度を測定できます。

  • Setp1計測したいURLを入力

    PageSpeed Insightsの入力画面
  • Setp21分弱で計測結果が表示

    PageSpeed Insightsの結果表示
  • Setp3速度改善できる項目を確認

    改善項目の表示

コアウェブバイタル
(Core Web Vitals)の3つの指標

LCP(Largest Contentful Paint)

読み込み時間

ページが読み込まれるまでの速度(ローディングパフォーマンス)を表す指標。
画像や動画の初期表示、背景画像などの読み込み、そのページのメインとなるコンテンツが表示されるまでの時間のスコアを示す。
ページが最初にロードを開始して、LCPが2.5秒以内であることが理想

FID(First Input Delay)

応答性(インタラクティブ性)

ユーザーが最初にページ内でアクションを行った時(例:クリックやタップ、テキスト入力など)、反応速度が速いサイトが優良サイトとなる。
FIDは、100msであることが理想
※シミュレーション計測は不可能なため、TBT(Total Blocking Time)を参照するように提言されている

CLS(Cumulative Layout Shift)

コンテンツ視覚安定性

視覚の安定性を測る指標。ページレイアウトの意図せぬズレや崩れをスコア化している。
例として、ページを開いた際に意図しないところで突然「バナー広告」が現れ、テキスト全体が下へずれてしまい、誤って広告を押してしまった、など。
優れたUXを提供するには、CLSスコアが0.1未満となるのが理想

赤字スコア(不良)がある場合、
SEOランキングに影響を与えます

診断の結果に"不良"が含まれていた場合や
計測方法がよく分からない場合は、お気軽にお問合せください。

改善成功事例
Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN Tech Blog:ユーザー体験を向上!Yahoo!ニュースにおけるCore Web Vitals対応事例から引用
(https://techblog.yahoo.co.jp/entry/2020120330052925)

改善後は、レイアウトシフトが発生しないことを示した表示例。

このスクリーンショットの例では、画像が読み込まれるまでの間、その領域が確保されておらず、画像が読み込まれると、画像下部のテキストの位置が変わってしまい、図中赤線で示した箇所が押し下げられる形でレイアウトシフトが起きていました。対策をすることで画像が読み込まれる前でも画像分の領域が確保され、レイアウトシフトが起こらなくなりました。

改善結果

  • PV/セッション +15.1
  • 滞在時間/セッション +13.3
  • 直帰率 1.72ポイント改善

CLSをはじめとした、Core Web Vitals指標の改善により、Yahoo!ニュースは、AndroidのChromeで「高速ページ」ラベルが表示されています(2020年12月現在、高速ラベルの表示にはChromeの設定が必要です)。

Android Chromeによる高速ページラベル表示

ただ、簡単に進められない
表示速度改善、
コアウェブバイタル対策

コアウェブバイタル・
表示スピードの改善項目

  • 画像出力サイズの最適化
  • 画像を次世代フォーマット(webpなど)に変換
  • 画像の遅延読み込みロード処理
  • レンダリングブロック要素の排除
  • サーバ・ブラウザキャッシュを有効
  • CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)導入
  • 使用していないJavaScript・CSSの削除・最適化
  • タグの削除・整理
  • その他…
  • どこから手を付けたらよいのか…
  • 他にやることが一杯で進められない…
  • できれば早く簡単に外部にお願いしたい
  • 改善は継続性を持たせたい
  • 2021年5月まで間に合わない…
悩む人々の画像

表示スピード・コアウェブバイタルのスコア改善は
豊富な実績を持つ弊社にご相談ください。

他社とはここが違う!
3つのポイント!

01

表示スピード・コアウェブバイタル・競合サイト比較

無料計測

まずは、現状のサイトの状況を把握することが必要です。Google Pagespeed Insightsや有料の計測ツール(弊社の場合、SpeedCurve、Dareboostというツールを活用します)で簡易計測、分析まで無料で診断いたします。サーバの反応、描写開始、ファーストビュー、表示完了の各ポイントにおける目標指標とベンチマークされている競合他社との比較を可視化することで、現状の課題と改善ポイントを明確に洗い出します。

Browser Insightsの表示例
02

改善ステップ①

いますぐ速度改善(世界最速DNS Cloudflare)

月額1万円から導入できる、表示スピード高速化、コアウェブバイタルのスコア改善サービス

Cloudflare(クラウドフレア)

簡単導入、最短1日で利用が開始できるCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)
パフォーマンスを改善するためのWeb最適化機能がすべて揃っています。
画像の自動最適化(Image Resizing機能)、次世代フォーマットwebに自動変換、世界最速DNS、負荷分散、キャッシュ配信で、すぐに表示スピードを高速化し、ご利用中は、全て自動で高速化されます。

Cloudflare(クラウドフレア)のロゴ
03

改善ステップ②

100項目の高速化タスクに対応

Cloudflare CDNだけでは解決できない遅延箇所をPageSpeed Insightsや、有料の計測ツール(SpeedCurve、Dareboost)で計測、分析、可視化し、使用していないJavaScript・CSSの削除・最適化、タグの削除・整理を行います。高速化作業 20万円~

当社検証環境で33MB画像のみの重いページで検証し、PageSpeed Insights でスコア比較。導入前は30点、導入後は53点に改善。

いますぐ速度改善
(世界最速DNS Cloudflare)高速化機能

既存サイトに影響を与えずWebサイトの高速化が可能です

Cloudflareの高速化機能の図

クラウドフレアは手間なく簡単に導入できる高速化プラットフォームです。
既存のモバイルWebを改修する必要もなく、速やかに高速化させることができ、貴社サイトのUXを向上させ、SEO効果・CVRを上げ、売上アップに貢献します。
導入は、極めてカンタン。ドメインを管理している管理画面にクラウドフレアが発行するレコード情報を登 録いただくだけです。クラウドフレアの設定、パフォーマンスチューニングは全て弊社にて行います。わずか2~3日で公開することも可能です。

Webコンテンツの最適化

セッションの最適化

イメージ画像

HTMLリソース配信の順序を最適化

画像容量の削減

イメージ画像

表示に影響のないメタデータを削除、適切な画像にする圧縮アルゴリズムが適用し、平均で35%のファイル削減

自動デバイス最適化

イメージ画像

ページとデバイスに最適なサイズと解像度に画像を自動的に最適化

弊社事例紹介

高速化事例①
サンスター公式オンラインショップ

コンバージョン率 51%アップ

  • ページ容量軽量化 10MB→2.5MB (-74.5%)
  • ページの読込速度 -67.6%
  • 平均セッション時間 1.3倍
  • ページの価値 2.46倍
サンスターのWebサイトの画像

サンスター 兒嶋仁視 氏

『スマートフォンサイトの表示速度は以前から課題の1つでしたが、ここまで即効性があり大きな効果が出たのは驚きです。プロモーション効果を最大限に発揮するには、速度も大事なファクターなのだと改めて気づかされました。』

高速化事例②
オークローンマーケティング「ショップジャパン」

10秒から3秒未満の表示改善

  1. 表示スピード計測(SpeedCurve)
  2. 画像の最適化
  3. CDNのリプレイス
  4. 不要スクリプト&スタイル削除
  5. イメージリサイズ機能を導入
  6. タグの要素変更

テレビショッピング業界で表示スピード第2位に!

オークローンのWebサイト表示体感速度の改善推移を示すグラフと販売商品の画像

辺 知子 氏(E-commerceディヴィジョン StoreOptimizationセクション シニアマネジャー)(右)
福崎 真生 氏(E-commerceディヴィジョン StoreOptimizationセクション)(左)

『より最高のUXを目指して、辺氏のチームではまだまだ表示スピードの改善は続く。「本当に期待したいのはCVRや売り上げ向上だが、コロナ禍でも安定的な状態を維持できていることが大切」(辺氏)』

本実績の詳細は、こちらをご覧ください▼
勝手にスピードテスト Powered by SpeedCurve | ネットショップ担当者フォーラム https://netshop.impress.co.jp/node/8367

よくある質問

表示スピード、コアウェブバイタルの無料計測のために提出が必要な情報はありますか?
計測するURLをいただくだけでOKです。その他、ベンチマークされている他社サイトのURLと、現状お持ちの表示スピードやコアウェブバイタルの課題などありましたら、ご提供いただきます。
表示スピードを高速化できるCDN Cloudflare(クラウドフレア)を導入するための作業は教えてください。
ドメインを管理しているドメインネームサーバの情報を変更いただくだけで導入可能です。Cloudflareの設定などは全て弊社で実施しますので、基本、お客様側で設定いただく必要はございません。最短1日で導入いただいたケースもございます※平均1週間。
Cloudflareの導入前に、パフォーマンスがどれだけ改善されるかを確認することはできますか?
はい、可能です。
1か月間の無料トライアルにて、お客様の本番サイト、もしくは本番サイトに影響を与えない形で、Cloudflare適用効果を検証できます。 お客様にてパフォーマンス測定頂くと同時に、弊社でもパフォーマンス測定を行いCloudflare 適用アリ・ナシの比較レポートをご提示いたします。

コンバージョン率・直帰率の改善をはじめ、
コアウェブバイタルによるSEO順位低下が不安な方や
ユーザビリティ向上に興味のある方はお気軽にお問合せください。

表示スピード/コアウェブバイタル改善相談・資料請求

以下の個人情報保護方針・個人情報取扱いについてをご覧、ご同意の上、お問い合わせください。
個人情報保護方針 (プライバシーポリシー

必須会社名
必須お名前
必須メールアドレス
必須課題サイトURL
必須お問い合わせ内容
  • 資料請求
  • Webサイト表示スピード/コアウェブバイタル計測 ※只今、無料期間中
  • 競合サイトと表示スピード計測比較 ※只今、無料期間中
  • 表示スピード・コアウェブバイタル改善 ※Cloudflare1カ月無料トライアル中
  • 説明希望(オンライン)
  • その他
任意その他、ご相談