(動画/18分)スピードカーブで実現するサイト高速化とコアウエブバイタル対策 |ウェブ解析士協会 ToyBox

喜楽 智規

 

チャンネル登録者数 2010人

計測なくして改善なし。 Web表示スピードは大切なUX要素の1つになってきています。 GoogleのSEOアルゴリズムは、表示スピードをさらに意識し、今年6月にはコアウエブバイタルを実行しています。いまやUX対策には表示スピードの改善が欠かせない条件となりました。多くのマーケッターが注目しているのもこの点です。
しかし、表示スピード改善のためには正しいデータが必要です。正しいデータ収集のために必要なのが計測ツールです。 いま世界の高速化に意識が高いサイトのどこもが使っているのがSpeedCurveという時系列計測ツールです。SpeedCurveの魅力と使い方、そしてサイト改善方法について、フロントエンドエンジニアでWeb表示スピード研究会のメンバー、喜楽智規(きらくともき)さんに解説をしてもらいます。
 
【プレゼンター】
株式会社ドーモ 喜楽 智規(きらく ともき)
大手ポータルサイトにてフロントエンドのエンジニアとして活動中。 Web表示スピード研究会メンバー。
>サイトが重い、ファーストビューが速く表示されないこんなお悩み、ご相談ください。

サイトが重い、ファーストビューが速く表示されないこんなお悩み、ご相談ください。